エラ削りによって柔らかい顔を手に入れる

エラがあると見た目で損をしています

エラがあると見た目で損をしていますエラボトックスとエラ削りエラ削りの手術方法

エラとは顎の付け根のあたりで出っ張っている骨のことです。
このエラがあると、見た感じの印象として、強情に思われたり、意地悪で正確がきつそうという印象を持たれたりしてしまいます。
普通にしているだけで、怒っていると思われてしまいますので、見た目でとても損をしています。
さらに、エラが出っ張っているため、その分輪郭が大きくなってしまいますので、顔の面積が広くなり必然的に巨大な顔になるのです。
このように、エラがあると良いことはないわりに、悪いことばかりが起きてしまいますので、多くの人はコンプレックスを持っています。
そこで、エラが気になっている人は、少しでも顔を小さくしようとダイエットをして、小顔マッサージなども行い、顔の脂肪を取り除こうとします。
これによって顔のふくらみがなくなり、顔自体は小さく見えるようになるのですが、脂肪がなくなった分、これまでより一層エラが目立つようになってしまうのです。
そして、きつい印象を持たれる顔がさらにきつさを増してしまいますので、エラが出ている人が顔の脂肪を極端に減らそうとすることはおすすめできません。